« オゾン層の保護 その1 | メイン

オゾン層の保護 その2

主要国首脳会議は、環境相会合での議論を踏まえて、代替フロンの生産規制で合意した。7月下旬にはウイーンで、10月にはルワンダで批准国の会議が開かれ、途上国を含めた197カ国での合意を目指す。 議定書はもともとオゾン層保護のために作られた。きっかけは74年、後にノーベル化学賞を受賞する米カリフォニア大学教授、フランク・S・ローランドさんが、エアコンの冷媒などに使われる特定フロン、クロロ・フルオロ・カーボン(CFC)がオゾン層を破壊すると指摘したことだ。太陽の紫外線が地上に届き、人や生物に悪影響を与えると警告した。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.timetoday.net/cgi-bin/mt-seibido/mt-send---tb.cgi/5981