« バイオマス発電 国内最大 | メイン | 再生可能エネルギー投融資 最高 »

メガソーラー徳島に建設

日本製紙は三菱商事と共同で、徳島県小松島市の製紙工場跡地で、大規模太陽光発電所(メガソーラー)事業を始める。 年間発電量は約2000万キロワット時で、四国電力への売電で年8億円の売り上げを見込む。 メガソーラーは、日本製紙と三菱商事子会社のダイヤモンドソーラージャパンとの折半出資会社が運営。総事業費は約65億円で、2014年末の稼働を目指す。 出力は最大2万1000キロワット。一般家庭約6000世帯分の消費電力を賄える規模になる。 小松島市の工場では2008年9月まで情報用紙を生産していたが、国内需要の縮小を理由に撤退した。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.timetoday.net/cgi-bin/mt-seibido/mt-send---tb.cgi/5817

コメント

It's a joy to find sonmoee who can think like that

ティンバーランド メンズブーツ

シャネル 2013

ミズノ マラソンシューズ

カシオ ストップウォッチ

デュベティカ ダウンベスト レディース