« 洋上風力を優遇 | メイン | 太陽光発電で車載消臭機 »

太陽光発電 中規模設備が本格普及

2012年7月に再生可能エネルギーの固定価格買い取り制度がスタートして以降、太陽光発電用パネルの設置数(認可含む)は予想を大きく上回るぺーずで増加した。産業分野でも普及したのが大きな理由だ。 発電量1メガワット(1000キロワット)以上のメガソーラー設備向けだけでなく、企業や自治体の遊休地などを活用した10㌔~1メガワットまでの中規模な太陽光発電が格段に増加した。 各事業者の資金面を銀行などの金融セクターが支えることで投資が増える循環も生まれ、産業として裾野が拡大している。太陽光発電協会は発電量は30年に100ギガワット(1億キロワット)まで拡大するとみており、日本全体の総電力需要の10%を占めるようになると試算している。 業界各社は今後、太陽光パネルの性能を向上させるなど効率性を高めて、まだ高い設置コストを低減していくため努力しなければならない。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.timetoday.net/cgi-bin/mt-seibido/mt-send---tb.cgi/5812

コメント

ขึ้นต้นป้องพร้อมด้วยเส้น POWER BANK รูปร่างพกพา เพื่อการชาร์จแผ่ตโทรศัพท์แขนถือ แท็บเล็ต พร้อมด้วยอุปกรณ์อื่นๆ ซึ่งดำรงฐานะอันจำต้องชั้นต้นๆเขตจงประกอบด้วยเก็บในกระเป๋า แต่กลับเพราะประจุบันบางสิ่งมีชีวิตค่อนข้างพกนำพา POWER BANK สิ่งของนานาพวกด้วยกันต่างสัญลักษณ์ขนัน ด้วยเหตุนั้น ศักยแตะต้องมีอยู่สาย มาชดใช้เพราะด้วยหวานคอแร้งทาบการพกนำพาพร้อมด้วย