« 太陽電池素材 淘汰の波 | メイン | どこでも太陽光 »

メガソーラーソフトバンクが建設

ソフトバンクの自然エネルギー事業子会社、SBエナジーは北海道で出力7万9千キロワットの国内最大級の大規模太陽光発電所(メガソーラー)を建設する。北海道電力と送電網接続で合意した。 国内で合計20万キロワット超のメガソーラーの設置を目指すSBエナジーの計画が大きく前進する。 新千歳空港に近い北海道安平町。投資価格は明らかにしていない。2014年度以降に発電を目指す。 年間発電量は約8千万キロワット時で、一般家庭2万世帯分以上の電力を賄える。 北海道電力は送電設備の容量が足りないことからSBエナジーメガソーラーの計画出力の抑制を求め、交渉していた。 全量買い取り制度に基づく電力の買い取りを認定した設備は昨年7月の制度導入から半年間で523万6千キロワット(12年12月末時点)となった。太陽光発電が全体の約9割を占める。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.timetoday.net/cgi-bin/mt-seibido/mt-send---tb.cgi/5751

コメント

Очень хороший почта. Я просто наткнулся на Ваш , блог и хотел упомянуть , что я имею действительно обладаемый рассматривающий Ваш блог должности. , В конце концов, я буду подписываться к Вашему RSS лента, и , я надеюсь, Вы пишете снова скоро !