« シェールガス | メイン | 再生可能エネルギー買い取り価格 »

レアアース摩擦

ハイブリット車や電気自動車のモーター製造に不可欠なレアアース(希土類)の輸出制限を巡り、日本は米欧と足並みをそろえて6月に中国を世界貿易機関(WTO)に提訴した。経済産業省がTDKなどの合弁生産に影響を及ぼす輸出貿易管理令の改正に踏み切ったのは、こうした通商交渉が進んでいることも背景にあるとみられる。

8月1日の貿易管理令の改正について、経済省は「安全保障上、問題のある貿易が行われているとの具体的な情報があった場合にしか、高性能磁石について輸出を許可制にしない」と説明。ただ経産省内ではかねて、日本が国際的に優位性を持つ高性能磁石の技術がTDKなどの合弁生産で中国に流出しかねないことに強い懸念があったとされる。

高性能磁石が安全保障上、軍事転用される懸念が国際的に高まっていた背景もある。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.timetoday.net/cgi-bin/mt-seibido/mt-send---tb.cgi/5670

コメント

54hyLc Major thankies for the post. Great.