« レアアース摩擦 | メイン | 再生可能エネルギー目標巡り攻防 »

再生可能エネルギー買い取り価格

内閣府が27日公表した2012年度の経済財政報告は、再生可能エネルギーの買い取り価格について妥当性を検証するよう求めた。固定価格買い取り制度は参入業者を呼び込むため、高めの価格で電力を買い取る仕組みだが、電力を利用する家計の負担は重くなる。白書は利用者の負担分を「公共料金」と見なした公正な改定が必要としている。

7月に始まった制度では12年度の買い取り価格は太陽光で1キロワット時42円、風力で同23.1円とされた。白書は電力買い取の投資収益率が平均8.6%に上がると分析し、「相当高く設定されている」と指摘した。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.timetoday.net/cgi-bin/mt-seibido/mt-send---tb.cgi/5669