« 太陽光買い取り42円 | メイン | 丸紅、小水力発電を強化 »

がれき受け入れ「山形方式」その2

県内自治体は焼却施設や最終処分場の受け入れに余力が乏しい。一方、民間の廃棄物処理施設などは地域住民の理解を得ながらビジネスとして廃棄物を受け入れてきた実績を持つ。県は≪地元業者には「顔の見える安心感≫がある」と説明する。
ただ各事業者が受け入れ可能ながれきは、事業分野に限られる。例えば、やまがたグリーンパワーで受け入れるのは被災木のみ。県内10施設はいずれも米や小型船舶、養殖ネットなど、きめ細かく分別されたがれきを受け入れている。

政府は全国の自治体にがれき受け入れを要請するが「がれきといっても種類は様々。施設ごとに処理できるものとできないものがある」。

放射線量の測定は複数の段階で行う。搬出前には被災自治体が放射性物質の濃度を測定。国より厳しい独自基準をクリアしたもんのだけが搬出される。搬出後は受け入れ業者が週1回以上、施設と外部の敷地境界の空間放射線量を測るほか、県も施設周辺の住宅地の空間線量を独自に測定する。測定データは県ホームページで随時公表する。

施設の立地する自治体も、積極的にかかわる姿勢を示している。やまがたグリーンパワー環境保全に関する計画書を提出している村山市の場合、放射線測定値が急上昇した場合、市が操業の一部停止を要請できる条項を盛り込む。

埼玉県はセメント会社と、愛知県は中部電力やトヨタ自動車と連携したがれき受け入れを検討している。民間の協力を得て震災がれきえお受け入れる山形方式は、今後本格的に受け入れる地域のモデルになぢ早田l。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.timetoday.net/cgi-bin/mt-seibido/mt-send---tb.cgi/5530

コメント

Many thanks for the good writeup. It if truth be told became a pleasure profile the item. Appear sophisticated to be able to way supplied reasonable of your stuff! On the other hand, the best way can many of us connect?

vhCbtB Major thankies for the article post.Thanks Again. Will read on...