« 猛暑・大雪・・・・異常気象の1年   | メイン | 海水温引き金   »

世界でも続いた異常気象  

異常気象は世界でも相次いだ。熱波が居座ったロシアではモスクワの7月の最高気温が38.2度と過去最高を更新、大規模な森林火災も発生した。中国やパキスタンでは大規模な洪水に見舞われた。

今冬は欧州が強い寒波に見舞われている。ロンドンやパリでは12月としては珍しい積雪があり、クリスマス休暇前の交通を混乱させた。英国では100年前の観測開始以来、最も寒い12月になりそうだという。

一連の現象は実はすべて関連している。原因の一つは海水温の大きな変化だ。特に赤道に近い熱帯海域は太陽の熱をたっぷり吸収し、一部を大気に放出したり別の海域に運んだりする。地球の様々な気象変化の原動力となる。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.timetoday.net/cgi-bin/mt-seibido/mt-send---tb.cgi/5167