« 再生可能エネルギー | メイン | 京都議定書延長論勢い増す »

電気自動車ITが支え

日産自動車はエコカーの本命と位置付ける電気自動車(EV)「リーフ」を20日に発売する。ハイブリッド車(HV)でトヨタ自動車やホンダに出遅れた日産にとって電気自動車は社運を懸けた事業。だが一回の充電で走行できる距離は200キロ。ガソリン車の3分の1程度で遠出には不安も残る。日産はITを活用して運転を支援する体制をつくり普及を図る。

HVと違って電気自動車はバッテリーの充電が切れると動かなくなる。日産は20日までに、30分で電池容量の8割を満たせる急速充電器を、全国約200の販売店に設置。「半径40キロ圏に1ヶ所ずつ配備することで全国をほぼカバーできる」としている。

だが全国にガソリンスタンドは約4万あるのと比べるば不便なことは確か。高速道路のサービスエリアにも充電設備は少ない。ガソリン車やHVに乗りなれた人が遠出する際には、バッテリー切れの不安が残りそうだ。

日産は電気自動車専用に設計した情報通信システムを構築済み。バッテリーの残量が少なくなると運転者に警告を出し、インターネット経由で最寄の充電施設を案内する。出発前にスマートフォンで充電状態の確認もできる。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.timetoday.net/cgi-bin/mt-seibido/mt-send---tb.cgi/5138