« 太陽光発電所の建設事業 | メイン | 植物原料樹脂、タイで生産 »

自然エネルギー発電 世界展開

住友商事は中国の電力大手と風力発電など自然エネルギー開発で提携した。600億円を投じ、中国国内で複数の風力発電所を建設するほか、共同で世界各地の風力発電以外の新規プロジェクトにも取り組む。中国は風力発電の新規開発で世界最大になるなど、自然エネルギー利用のインフラ整備が急速に進む。

住商と新能源は2~3年後をめどに約600億円を投じ、2~5ヶ所の風力発電所を開発、発電能力で25万キロワットを確保する。

中国の風力発電能力は2009年に2500万キロワットとほぼ倍増。年間の新設発電能力では米国を抜いて世界首位になった。中国政府筋によると、20年にはこれを1億5千万キロワットに引き上げる目標で、今後も風力発電を中心に、自然エネルギー利用のインフラ需要が拡大する見通し。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.timetoday.net/cgi-bin/mt-seibido/mt-send---tb.cgi/5017