« 豪に南半球最大の風力発電所 | メイン | 脱原発 見直し »

森を育てる

大成建設は森林を郊外の緑地で製造し、都市部の再開発地域などに移植する技術を開発した。あらかじめ3年ほどかけて森を育成して、再開発ビルの完成時に樹木と土壌を一括納入する。土の深さが80センチの人工地盤の上でも、高さ12メートルほどの高木を根付かせられる。

都市緑化の効果を訴え、都心の再開発プロジェクトの工事受注につなげる。

第一弾として、東京建物が主導する東京・大手町の旧富士銀行本店ビル跡地再開発プロジェクトへの導入が決まった。地上38階建ての超高層ビルを建設し、ビルの隣接地に森を整備する予定。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.timetoday.net/cgi-bin/mt-seibido/mt-send---tb.cgi/5004