« 太陽光発電「10兆円市場へ」 その2 | メイン | CO2排出量計算 »

燃料電池が家庭に

松下電器産業、新日本石油が2009年春から家庭用燃料電池を量産さると発表した。荏原、東芝なども量産に向けて準備を進めています。経済産業省が2009年度から家庭用燃料電池の購入に補助金を出す方針のため、それに合わせて発売を計画しているのです。

燃料電池は「電池」の名前がついていますが、電気をためておく装置ではありません。水素と酸素を化学反応させて電気を作り出す小型の発電装置です。発電する際に発生する熱でお湯を沸かし、台所や風呂などに給湯に使います。

酸素を空気中から取り込み、水素は都市ガスやLPガス(液化石油ガス)、灯油などから取り出します。ガス代や灯油代はかかりますが、電気代は節約できます。メーカーなどの試算では、4人家族の場合、ガスや電気など光熱費を年間5万円程度削減できるとみられます。

また、燃料電池は、電力会社の発電所と違って石油や石炭などの化石燃料を燃やすわけではないので、二酸化炭素の排出量は少なくなります。されに発電の際に発生する熱も利用するためエネルギー効率が高くなります。電力会社の発電所でも熱は発生しますが、需要地と離れているため、ほどんと利用されていません。こうした特長を評価し、経産省も補助金を出すことにしたのです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.timetoday.net/cgi-bin/mt-seibido/mt-send---tb.cgi/3797