« 温暖化対策 民間から公募 | メイン | 自転車 環境対策 »

北極海の氷面積 最小

海洋研究開発機構と宇宙航空研究開発機構の共同チームは16日、北極海を覆う氷の面積が、人口衛星による観測が始まった1978年以来で最小になったと発表した。氷の減少はさらに9月中旬まで続く見込みで、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)が予測する2040年~2050年のレベルに早くも達する可能性が高いという。

北極海の氷の面積は毎年、9月に最小となり、冬に最大となる。今年は7月以降、例年より面積が小さい日が続いていた。8月15日の時点で530万平方キロとなり、2005年9月22日に記録した最小面積を更新した。今年の氷減少の原因は低気圧による風の影響などで、氷が北極海から大西洋に押し出されたことなどが考えられるという。研究チームは「氷が減って太陽熱を吸収する海面が広がり、さらに加熱されることで氷が解けるという悪循環に陥っている」と指摘。北極における温暖化も一因とみている。

IPCCは様々な予測の平均をとると、21世紀末までに夏場の氷が消滅することはないと予測しているが、研究チームは「予測を上回るこの勢いが続けば、消滅もあり得る」と話している。

北海道大低温科学研究所の話によると、海氷は地球上で最も気候変動に反応しやすい物質の一つで、北極海で面積が最小になったのは、温暖化によって、海氷が夏に解けてしまわない厚さにまで冬の間十分成長出来ていない事の表れ。このまま温暖化ガス削減あ進めて、夏の北極海から海氷がなくなる

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.timetoday.net/cgi-bin/mt-seibido/mt-send---tb.cgi/2774

コメント

Die KFZ-Haftpflichtversicherung ist rechtmäßig vonnöten, sodass ein Auto für den Straßenverkehr zugelassen werden sollte. Hinzufügend gibt es die Absicherung über die Teilkasko, die im Falle von Entwendung, Glas-Schaden, Haarwildschäden, Graupel, Tornado, Blitzschlag und Fahrzeug-Brand leistet und auch die Auto-Vollkasko Versicherung, die auch Schaden Ersatz für Vandalismusschäden und selbst ausgelöste Unfall-Schäden zahlt.