« 日本で排出権取引 | メイン | 低燃費車の購入46% »

雑草からディーゼル燃料

地球環境産業技術研究機構(RITE)は、雑草や木屑などからディーゼル燃料を合成する技術を開発した。

ガソリン車用ではバイオエタノール燃料が注目されているが、そのディーゼル版で、世界初という。ディーゼル車の地球温暖化対策の切り札になるとみており、三年後を目標に工業生産を始める。

このバイオディーゼル燃料は成分が「ブタノール」と呼ぶアルコールの一種。遺伝子組み換え微生物を利用して生産する。タンクで微生物を大量培養し、雑草・雑木や廃木材、稲わらなどの植物繊維を分解した糖をいれると、バイオブタノールがつくられる。

ディーゼル燃料は一般に軽油が使われている。

この軽油にバイオブタノールを混ぜても、走行性能などにほとんど影響がないことを、RITEの依頼でホンダの研究子会社である本田技術研究所が確認した。量産体制が整えば、ガソリン車向けのバイオエタノールとほぼ同等のコストで生産でき、ディーゼル車でもバイオ燃料化が加速するとRITEみている。

植物を原料につくるバイオ燃料温暖化ガスのCO2の排出抑制につながるため、今後需要が拡大する見通し。ただ、これまでバイオディーゼル燃料はヤシ油や天ぷら油など原料が限られ、本格的に植物資源を利用できる生産法をRITEや英BP,米デュポンなど日米欧が競っている。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.timetoday.net/cgi-bin/mt-seibido/mt-send---tb.cgi/2751

コメント

雑草をバイオ燃料に生産出来るようになれば、日本国内に無尽蔵なほど資源はあると思います。
春から秋まで、最低でも、4-5回程度の草刈をしなければならず、かなりの重労働。
この、刈り取った雑草を地域のバイオ燃料工場でバイオ燃料に生産できるようになれば、一石二鳥の
価値があると思いますし、田畑の
荒廃等防止にも、役立つと思います。
どのような雑草でも使用できるような研究を一日も早く完成させ、
実用化できることを期待します。

お世話になります。とても良い記事ですね。