« 2004年12月 | メイン | 2005年2月 »

2005年1月31日

虚数の情緒

P506iC0025362863.jpg中学生からの全方位独学法。歴史、文化、科学など多くの分野が、虚数を軸に書かれている。1000ページ読めるか。  

2005年1月29日

ソマリア難民

P506iC0025100789.jpgソマリア難民。戦争難民。教育。病気。飢餓。  

2005年1月28日

環境ブログ

P506iC0024642054.jpgセミナーの発表会で高得点  

2005年1月27日

人口減少への哲学

imagi1849.jpg
人口を減らすには哲学、宗教が必要だ。

自然に還る    福岡正信
良寛       安藤英男
本阿弥行状記   中野孝次
西行       安田章生  

水素エネルギー

屋久島水素エネルギー.JPG屋久島において太平洋セメントが島内にある水力発電を核に水素エネルギーを作
り出す。沢のいたるところに小さな水力発電装置を置く。このエネルギーで水を
電気分解し、水素を作る。島の自動車や船舶の燃料を水素に置き換え自らがまず
石油などの化石燃料と決別。

  

人類の選択

人為的CO2排出量853.jpg
二酸化炭素削減対策の難易度の差

矢印が排出削減量この削減必要量が大きければ大きいほど、対策コストが大きく
なり対策の困難さが増すことを示している。
「地球温暖化というとてつもなく巨大な問題に対処するためには、狭い意味での
温暖化抑政策の検討だけでなく、他の社会経済政策とどのように統合していくか、
さらに将来の発展をどのような方向に持っていくかを合わせて検討しなければな
らない。
  

2005年1月26日

エタノール燃料売り込み

P506iC0024052229.jpgブラジルが対日施設団  

2005年1月25日

温室効果ガスの吸収源

P506iC0023855618.jpg炭素循環のプロセスとその時間スケール  

2005年1月24日

砂浜の侵食予測

P1000008.JPG海面上昇による砂浜の侵食予測。1m上昇すると173K㎡侵食される。

2005年1月23日

気温上昇

P1010011.JPG日本の年平均地上気温の変化。1901~2000年(気象庁2002)棒グラフは各年の平
均気温の平年との差、赤の折れ線はその5年間の移動平均を示す。
日本では、1940年まで低温で推移してきた気温が、60年代及び90年代に急激な上
昇を示しており、20世紀を通しての気温上昇は約1.0℃市と世界全体の平均上昇
率よりも明らかに高い

2005年1月22日

風車

P506iC0023593470.jpg東京の若洲公園  

2005年1月21日

国際燃料電池展

P506iC0021955048.jpg水素燃料で動くオートバイ。凄い。  

2005年1月20日

第2の地球

bioaer2-new.jpg米の環境実験施設「第2の地球」
外界から完全に隔絶されたガラス張りの巨大なドームの中に大気や生態系などを
人口的に再現した米アリゾナ州の民間研究施設「バイオスフェア2」が失敗した。
バイオスフェア2は、地球温暖化など環境問題の対策や未来の宇宙住居の研究開
発のため、企業によって80年代に建設された。男女8名が1991年から2年間滞在
実験を行なった。実験は地中細菌の予想外の繁殖により酸素濃度の低下・虫の異
常繁殖、その他の生物の死滅により事実上の失敗だった。

2005年1月19日

風力発電

P506iC0021692900.jpg蜂の巣型の風力発電。[朝日小学生新聞]より  

2005年1月18日

第2の地球

P506iC0021299680.jpg外界から完全に隔絶されたガラス張りの巨大ドームの中に大気や生態系などを人工的に再現。想定外の大気の減少。失敗。  

2005年1月17日

地球温暖化

P506iC0020709850.jpg予測が出来るか。  

2005年1月16日

中国と 妥協なき争い

P506iC0020447702.jpg海洋権益へ正念場  

2005年1月15日

大きな大根カブ

P506iC0020185554.jpg不耕起・無肥・無農薬  

2005年1月14日

南極大陸

P506iC0020054480.jpg南極の氷床4200メールこれが何時全部溶けるか。  

2005年1月13日

命を暮らしを飲み込んだ。

P506iC0019661243.jpgこの写真(日経新聞)を見て我々はどうすればいいのか。わからない。  

2005年1月12日

風力発電

P506iC0019530190.jpg江東区若洲風力発電所ドイツ製。高さ:100メートル。出力1950kw。年間発電量:350万kwh。  

2005年1月11日

津波の被害

P506iC0019071429.jpgえぐり取られた島。スマトラ島北端。  

2005年1月10日

インド洋大津波

P506iC0018809265.jpg津波の勢いを弱める沿岸の樹木を伐採していた。  

2005年1月 9日

大津波援助金

P506iC0018416068.jpgマスコミは又々日本の援助のやり方を非難しているが、実際、金はこの金額では足りない。  

2005年1月 8日

大津波の今後

大津波の今後

P506iC0018350531.jpg今後の被害をどれだけ防げるか。  

2005年1月 7日

生物の大量絶滅

 

P506iC0017629625.jpg生物の大量絶滅は、5億年前から数えると、13回おきている。人類はそれを阻止できるのか。  

2005年1月 6日

地球の保水力を増加

 

P506iC0017170866.jpgアフリカ北東部は昔80パーセントが森林であった。福岡正信著より  

2005年1月 5日

モルディブを底上げする。

地球温暖化により海水上昇によりモルディブが水没の危機にある。勉強会でこれをどうしたら解決できるかの企画を練る。P506iC0017039792.jpgこの案はもう既に行われている。でも観光地としては、無理だと思う。  

2005年1月 4日

キリバス

地球温暖化により、海水が上昇している。P506iC0016777644.jpgモルディブだけでなくこのキリバスも水没の脅威にさらされている。  

2005年1月 3日

自然の脅威

P506iC0016712107.jpg阪神・淡路大震災より10年。人間は自然の脅威に勝てない。  

2005年1月 2日

食の世界遺産

P506iC0016318885.jpg地球温暖化で海水が上昇して気候が大変動したときに、この本が役に立つ。  

2005年1月 1日

最高級写真顕微鏡

P506iC0015925663.jpgセットで7,000,000円買いたい。