« 舞子スキー場 | メイン | 血圧の高めの方に »

2007年3月 5日

渡辺誠一郎

3月1日にNHKで放送されたもの。
日本人でシリコンバレーで成功した数少ない企業家である。

頭をマッサージする

 問題に直面した技術者は、ときに煮詰まってしまうこともある。その「決めつけ」こそが、技術開発の最大の敵だと考える。あえて突拍子もないことや常識ハズレの提案をする。頭をマッサージするということ。冗談めいた提案をふっかけ、ほかに手段がないか考えさせるのが、最高技術責任者としての渡辺の流儀だ。

破壊分子こそ宝だ
ベンチャー企業の成否は、どのような技術者を会社に引き込むかで決まる。採用にあたって「破壊分子」を重用すること。革新的な技術を生み出す能力を持った人材は、組織全体の方向性とは違うことを進めたり、既成概念を壊すような提案をすることもある。しかし、彼らの破天荒な発想を伸ばすことこそが重要だといっている。

マドル・スルー
シリコンバレーの流儀とも言われる。この言葉。出口がどこにあるのかさえも見えない。泥の中から顔を出すためには、頭で考えているだけではだめで、体を動かし、もがきながらも行動に移さなければならない。起業直後に襲いかかる極めて困難な状況をマドル・スルーしながらクリアした者だけが、シリコンバレーでは生き残れるといっていた。


投稿者 史朗 : 2007年3月 5日 15:39

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.timetoday.net/cgi-bin/mt-seibido/mt-send---tb.cgi/2217

このリストは、次のエントリーを参照しています: 渡辺誠一郎:

» マドル・スルーの精神、見習いたい from 35歳女ビルオーナーのダイエット日記
独断と偏見に満ちた意見だが、コンピュータ系技術者の8割が変人である。今回の『プロフェッショナル 仕事の流儀』に登場したシリコンバレーの技術者、渡辺誠一郎も... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年3月 8日 09:39

コメント

I like to party, not look artclies up online. You made it happen.

投稿者 Rumor : 2011年12月 6日 04:40

I like to party, not look artclies up online. You made it happen.

投稿者 Rumor : 2011年12月 6日 04:41

カッコいい!興味をそそりますね(^m^)

投稿者 グッチ ベルト : 2012年11月10日 09:33

net profit is 1070000000 dollar

投稿者 coach factory outlet : 2014年2月11日 15:00