軽井沢の夏 サーフィン2 サーフィン サーフィン 軽井沢 軽井沢合宿 かつや クラブくぼたつ 軽井沢 真多呂人形 アイデアのつくり方 NIKON 豆腐製造機 サーフィンその1

« 2006年6月 | メイン | 2006年8月 »

2006年7月31日

軽井沢の夏

軽井沢の庭の苔。偶然に虫が中央にいた。

投稿者 石川史朗 : 13:14 [ メールからの投稿 ] | トラックバック (0)

2006年7月30日

サーフィン2

鵠沼AM6:30
波なし。
銭湯に入っているみたいに混雑。
周りを見ながらサーフィン。
でも仕方ないか。

投稿者 石川史朗 : 12:00 [ メールからの投稿 ] | トラックバック (0)

2006年7月29日

サーフィン


鵠沼AM6:15

西さん今日は初心者の私も十分できました。

投稿者 石川史朗 : 12:14 [ メールからの投稿 ] | トラックバック (0)

2006年7月28日

軽井沢

軽井沢寮の庭から入り口を見た風景。
私の会社もこんなすばらしい会社寮を持ちたいね。

投稿者 石川史朗 : 15:44 [ メールからの投稿 ] | トラックバック (0)

2006年7月27日

軽井沢合宿

軽井沢テニス合宿。友人の会社の寮の正面。
明治末の総理大臣別荘だったとのこと。

投稿者 石川史朗 : 14:42 [ メールからの投稿 ] | トラックバック (0)

2006年7月26日

かつや

かつや カツ丼 110gロース ¥640 今日で二度目。昼食。客全員男性。なぜだろう。アルバイトのおばさん、愛想がいいですね。ニコニコしてお客の注文を聞いている。店もきれいだし、店員の態度は優しいし、お茶がなくなるとすぐに入れてくれた。経営者の教育がいいのか。最近のコンビ二の女性、ファミレス、スーパーの女店員の両手をおへそのところに組んでありがとうございましたと言うのがはやっているようだが、これがまたよそ見をしながらやっている。それに比べると実に気持ちがよい店だ。ちょっと私としたことが褒めすぎか。平塚国道129号線の店である。チェーン店か。

投稿者 史朗 : 15:17 [ メールからの投稿 ] | トラックバック (0)

2006年7月24日

クラブくぼたつ

クラブくぼたつの仲間とテニス合宿。軽井沢町資料館。特設資料室。写真自由とのことであったので、姿勢を正して写真撮影。

投稿者 史朗 : 13:13 [ メールからの投稿 ] | トラックバック (0)

2006年7月23日

軽井沢

軽井沢の友人の会社の寮。鬱蒼とした森の中の明治時代の建物。

投稿者 史朗 : 12:53 [ メールからの投稿 ] | トラックバック (0)

2006年7月21日

真多呂人形

友人のお母さんが作成されたもの。
またろ人形と読むそうだ。

投稿者 石川史朗 : 15:07 [ メールからの投稿 ] | トラックバック (0)

2006年7月20日

アイデアのつくり方

ジェームス・W・ヤング原著の初版は1940年。アイデアのつくり方の古典。これ一冊で巷にあふれているアイデアの本は読まなくて済みそうだ。昔から言われているように古典一冊でよし。一言アイデアとは既存の要素の新しい組み合わせ以外の何ものでもないということ。なるほど。わかったような、わからないような。

投稿者 史朗 : 13:26 [ 書籍 ] | トラックバック (0)

2006年7月19日

NIKON

デジタル一眼レフカメラD50。使いこなせるかな。

投稿者 史朗 : 16:57 [ メールからの投稿 ] | トラックバック (0)

2006年7月18日

豆腐製造機

家庭でできる豆腐。

投稿者 史朗 : 14:13 [ メールからの投稿 ] | トラックバック (0)

2006年7月15日

サーフィンその1


鵠沼AM6:00晴れ台風の余波
私はマイペースのスープライディング

投稿者 石川史朗 : 15:04 [ サーフィン ] | トラックバック (0)

2006年7月14日

ヤバイ経済学

うたい文句には悪ガキ教授が世の裏側を探求する。経済学なんて知らなくても楽しめる。全米で120万部突破しているらしい。相撲に関して8勝6敗の力士が7勝7敗の力士にわざと負けることがあるだろうかと経済学から説明している。中々面白いが見方を変えただけろう。数字がそれを示しているから事実とは限らない。人間はそれほど単純ではない。でも面白かったよこの本。

投稿者 史朗 : 15:47 [ 書籍 ] | トラックバック (0)

2006年7月13日

引き出物

結婚式の引き出物。最近自分で選ぶようになっている。迷う。

投稿者 史朗 : 11:41 [ メールからの投稿 ] | トラックバック (0)

2006年7月11日

おつまみカントリー

アーモンド・柿の種・えんどう豆・落花生・アーモンドヴッツ・五つの味のハーモニーと書いてある。

投稿者 史朗 : 10:30 [ メールからの投稿 ] | トラックバック (0)

2006年7月10日

MINIそのさん3

ついに友人は買いました。友人は相当前から、この車を購入することを夢みておりました。私はほどんと関心はありませんでしたが、実際に見て乗ってみるとよさがわかりますね。ドアの取っ手などは実にすばらしい。いやいいですね。

投稿者 史朗 : 11:22 [ メールからの投稿 ] | トラックバック (0)

MINIその2

横の姿もスマートだ。

投稿者 史朗 : 11:20 [ メールからの投稿 ] | トラックバック (0)

MINI


投稿者 史朗 : 11:07 [ メールからの投稿 ] | トラックバック (0)

2006年7月 8日

サーフィン

鵠沼朝6時 霧 台風の影響が少しあるのか。
難しかった。

投稿者 石川史朗 : 10:38 [ サーフィン ] | トラックバック (0)

2006年7月 7日

スタジオ写真フェア2006その3

ガラスのなかに立体像が見える。これがすごくきれいだった。

投稿者 史朗 : 12:17 [ メールからの投稿 ] | トラックバック (0)

2006年7月 6日

技術立社-イノベーション新世紀

2006年7月5日 日経産業新聞セミナー 日経新聞本社8F
グーグル日本法人 社長 村上憲郎氏
グーグルのスタート1995年創業1998年まだ8年しかたっていない。
世界中の情報を整理して世界中の人がアクセスできて使えるようにすることを目指している。またそれを無料で提起する。収入は広告収入のみである。
ヤフーとの比較
ヤフーは本の目次
グーグルは索引
現在のグーグル:インデックスは他の検索エンジンの3倍以上
           社員約7,000人(半数が開発エンジニア)
           市場シェアーは世界のオンライン検索のほぼ半分
           オフィースは世界20ヶ国
           研究開発センターはニューヨーク、チューリッヒ、バンガロア、日本。地域のための研究ではない。CPサイエンスのすぐれた人々がいるところにつくる。
開発のプロセス→Demonlink(社内でたたかれる)→LABS→BETA
20パーセントルール(勤務時間に20%はなにをやってもいい)この時間帯かららグーグルのとってのいいアイデアがうまれる。
強みは最強のテクノロジー世界最大のインフラ。
①研究開発のマネジメント:自立分散型。80パーセントは会社が管理する。80%の内訳はある程度細かく決められている。残る20%は一切会社はタッチしない。目のさめるよなものは20%のなかから出てくる。
②研究開発と事業化 費用対効果
ベンチャーは①知②金 ①②がないものは汗をだす。
サービス→広告収入(これは営業が考える)
エンジニアはワクワクすることだけを考えなさい(人が集まる)
グーグルでは技術(エンジニア)とマネジメントの対立はない。システム化されている。
③技術者、研究者にもとめられているもの
各国のマーケットを調べてたとえば賃金等は各国のそれよりちょっといいところで集める。
スペッシャルなボーナスを出す。ほしい人材は作りこむ。思いついたら世間に見せて喜んでもらえる人を集める。技術的な維持。社内セミナー水準の維持。
④技術革新でリードする条件
日本ではソフトウエアーに関して世界に通じるものがでていない。たとえば大学入試において情報工学科のようなところはセンター試験等を無視して自分でソフトウエアーを作ってもってきなさいとか。いろいろなことを考えなければならないでしょう。人材育成が必要。今後インドなどから必ず世界に通じるそソフトウエアーが出てくるだろう。中国、インドとの協調。英語をもっとやる。

今後のグーグルのあり方や今後のWEBの進歩などを聞きたかったのだが、そのような質問が最後まで無かったのが残念である。

投稿者 史朗 : 14:16 [ メールからの投稿 ] | トラックバック (0)

2006年7月 5日

スタジオ写真フェア2006その2

ペーパームラバック3×6透過型四枚10000円で買ってきた。

投稿者 史朗 : 11:09 [ メールからの投稿 ] | トラックバック (0)

2006年7月 4日

スタジオ写真フェア2006

初めて行きました。盛況であった。

投稿者 史朗 : 16:46 [ メールからの投稿 ] | トラックバック (0)

2006年7月 3日

ハイコンセプト

ハイコンセプト ダニエル・ピンク 大前研一「訳」三笠書房¥1,900
「新しいこと」を考え出す人の時代
富を約束する「6つの感性」の磨き方
帯にはアメリカでは、この本に書いてあることが、業界を越して「大きなうねり」になっている。日本も例外でないと書いてあるが本当かいね。あまり聞いたことないが。それとも今後のことなの。まあ、帯の広告に目くじらたてなくてもいいですね。
右脳左脳のことは日本では目新しいことではない。
アメリカの高校で「カンニング」を容認する例が二、三あり見逃してならない非常に重要な兆候である。すなわちこれからおおいに「カンニングをしろ」という時代なのだ。社会に出たら成功するためにはカンニングを上手にした行動力ある人間のほうが勝者なのである。これは大前氏が訳者解説で述べていることだがカンニングすることが行動力があって社会にでて勝者になるとはメチャメチャな言い方ですね。第2部で「6つの感性」のところでは、参考になるところは一部あるが後半のものより生きがいが重要なんてそんなこと今に始まったことではないでしょう。1900円も高いよ。


投稿者 史朗 : 14:16 [ 書籍 ] | トラックバック (0)

2006年7月 2日

サーフィンその2

鵠沼。雨。4時間もやってしまった。疲れた。

投稿者 史朗 : 21:43 [ サーフィン ] | トラックバック (0)

2006年7月 1日

サーフィンその1

2006年7月1日(土)曇り、鵠沼 グッドコンディション
これからという時にここはAM8:00より海水浴場になります
ので移動してくださいと言われた。そうか今日から7月だ。
つかれたのでそのまま帰りました。

投稿者 石川史朗 : 18:00 [ サーフィン ] | トラックバック (0)